TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第922号 鮎沢さん(94)「季節の色70」:辛子色

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.頭エッセイ:
   鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.70
             ≪【辛子色】からしいろ≫ (2019,10/2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

辛子色について誤解をしていました。

辛子というと、唐辛子を勝手に連想し、

秋というのに赤い色?

って思ってしまったのですが、

マスタードの色だったのですね。

でも、英語は Pepper color ともいうらしく、
唐辛子の写真が使われていたりするのもあるので、
そっちを連想するのは私だけではないようです。


でも、辛子色を調べてその色を見ると、
いかにも秋らしい色です。

あっというまにもう10月。

いよいよ秋ですね。


それでは、鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.70
≪【辛子色】からしいろ≫を、どうぞお楽しみください。

今日もすてきな一日を!
Have a nice day!

尚 記

    ………○…………○…………○………


辛子色は秋になると気になる色のひとつです。

昨年の秋冬はやけにこの色に惹かれ、
服やバッグや帽子など、辛子色のものを
いくつも買いました。

身につけると不思議に気持ちが落ち着くのです。

辛子色のワンピースに、同じく辛子色のベレー帽。

またある日は辛子色のカーディガンというように、
この色のファッションを楽しみました。

実は、以前は苦手な色でした。

パーソナルカラーを見てもらったときに、
自分の肌がブルーベースであることを知り、
黄色みのある辛子色は私には似合わない・・・と
思いこんでいたからです。

辛子色だけに「食わず嫌い」だったわけです。

でもうまく探すと、
意外に似合う黄色もあるのだと実感しました。

先日、出張で仙台に行ったときのことです。

涼しくなってきたこともあり、
夕食に行った居酒屋さんで食べたおでんが、
なんと美味しかったことか。

二晩続けて食べに行ってしまいました。


当然、おでんには辛子がつきものです。

和食で使われる「和からし」と、
洋風な「マスタード」の違いをご存じですか?

どちらもアブラナ科の「からし菜の種子」を
使うのですが、製造方法が違います。

和からしの方は、種子をすりつぶして粉辛子を作ります。

この状態でも販売されています。

私は、この粉辛子を納豆にそのまま入れて
使うことがよくあります。

おでんに使う場合は、粉辛子をぬるま湯で溶きます。

錬った状態でチューブに入っている和からしより、
辛み成分が新鮮な感じがして、こちらの方が美味しいです。

見つけたら、ぜひ粉辛子を買ってみてください。

洋食に使うマスタードの製造方法は、
アブラナ科のからし菜の種子に、ビネガーや砂糖、
ワインなどを加えて作ります。

種をすりつぶして錬る場合もありますし、
すりつぶさずそのまま残す粒マスタードなど、
さまざまな方法があります。

また、そもそも違う種類の粒から
作られることもあるそうです。

ソーセージやローストビーフなどのイギリス料理に使う場合と、
ホットドッグやハンバーガーに使うアメリカのマスタードなど、
辛さや風味などまったく違います。

料理に合ったマスタードを探すのも、また楽しみです。

辛子色の話に戻ります。

香辛料としての辛子は、
奈良時代からすでに存在していました。

前述に粉辛子が調理に広く使われていたことが
「正倉院文書」や「延喜式」にも記されています。

その割に、辛子色という色名は
昭和以前にほとんど記録がないのです。

食欲の秋。

美味しいものがたくさん食卓に上ることと思います。

同時に秋はおしゃれを楽しむのに良い季節です。

食卓でもファッションでも、辛子色が活躍するのでしょう。

私は今年も辛子色の服を楽しんでいます。

(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 https://aura-soma.jp/blog/archives/45786


       ………○…………○…………○………

鮎沢玲子(あゆさわ れいこ) プロフィール

有限会社「カラーズガーデン」代表。
英国オーラソーマ社公認ティーチャー。
栃木県宇都宮市生まれ 生家は染物屋を営む。
中学校美術教師を経て、インテリアコーディネーター
として14年間住宅メーカーに勤務。
2002年よりオーラソーマ・プラクティショナー
として独立開業。
2006年より公認ティーチャーとして活動中。
http://ameblo.jp/aurasoma-c-garden/


    ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-3-21 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024