TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第596w号 鮎沢さん(47)「季節の色24」:洋紅色

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:
     鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.24
                ≪【洋紅色】ようこうしょく≫ (2015,12/2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もう師走。

サンタクロースがそりに乗って走る季節になりました。

洋紅色とサンタクロースのお話。

こういうバックグラウンドを知っているだけでも、赤いサンタさん
の服の色の見方が変わりますね。

それでは、鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.24≪【洋紅
色】ようこうしょく≫を、どうぞお楽しみください。

すてきな一日を。
Have a nice day!

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


≪【洋紅色】ようこうしょく≫

12月に入り、街はイルミネーションで飾られ、クリスマスの雰囲
気に染まります。

クリスマスの色と言えば、緑色のツリーに金色や銀色のオーナメン
ト、そしてサンタクロースの赤と白の服を思い浮かべますね。

今回は、そのサンタクロースの赤い色を取りあげます。

「洋紅色」は、深く透明度のある鮮やかな紅赤。

別名を「ようべに」とも言い、外国の色名では「カーマイン」に相
当します。

カーマインはメキシコのサボテンに寄生するカイガラムシの一種か
ら採る「コチニール」の粉末で作る合成顔料。

江戸時代後期にオランダを経て、日本に入ってきました。

日本製の紅色に対して、洋物の紅色ということです。

コチニールは、自然由来のもの(元はカイガラムシ)なので、絵の
具や化粧品、食品の色付けにも使われています。

サンタクロースは、3世紀後半(270年頃)に、トルコで生まれ
た「聖ニコラウス」という人物に由来しています。

たくさんの慈善活動を行い、伝説の司教となったニコラウスは、子
どもにまつわる奇跡を数多く起こしたそうです。

そのことから、子どもの守り神のような存在へと変化し、のちにサ
ンタクロースと結び付けられるようになります。

ニコラウスの命日12月6日を祝祭日と定め、ヨーロッパでは古く
から冬の大切なお祭りとしていました。

聖人ニコラウスの伝説は、その後、オランダに伝わり「シンタ・ク
ラース」と呼ばれるようになったのです。

司教だったニコラウスが着ていた赤いローブは、やがてサンタクロ
ースの赤い衣装へと受け継がれます。

これが「サンタクロース」の由来であり、オランダ経由で日本に入
ってきた「洋紅色」とのつながりです。

オーラソーマでも同様ですが、レッドとは自分の身を投げうってで
も他者につくす「自己犠牲」の象徴です。

そして、燃えるような情熱や、強力な保護の力も象徴しています。

厳しい冬を過ごす北ヨーロッパの人たちにとって、サンタクロース
の真紅の服は、赤い炎のような、または燃える太陽のような暖かさ
を象徴していたのでしょう。

冬至を境に、少しずつ昼の時間が長くなっていきます。

厳寒はこのあとの1月だとしても、太陽の光は少しずつ輝きを増し
てくるのです。

少し早いですが・・・みなさま、どうぞ楽しいクリスマスをお過ご
しください。

(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12101835800.html


       ………○…………○…………○………


鮎沢玲子(あゆさわ れいこ) プロフィール

有限会社「カラーズガーデン」代表。
英国オーラソーマ社公認ティーチャー。
栃木県宇都宮市生まれ 生家は染物屋を営む。
中学校美術教師を経て、インテリアコーディネータとして14年間
住宅メーカーに勤務。
2002年よりオーラソーマ・プラクティショナーとして独立開業。
2006年より公認ティーチャーとして活動中。
http://ameblo.jp/aurasoma-c-garden/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024