イクイリブリアム

各イクイリブリアムボトルの詳細
イクイリブリアムとは?

イクイリブリアムは現在110本以上の上下二層のさまざまな色のボトルからなり、アロマテラピーとハーブ療法のアートが一体となり、植物界、鉱物界、色彩の世界がエネルギー的に統合されています。

上層はキャリアオイルとエッセンシャルオイルとクリスタルエネルギーと植物の自然な色素が主に使用され、下層は水とハーブの抽出液、クリスタルエネルギーと植物の自然な色素が主に使われています。

オーラソーマの創始者ヴィッキー・ウォールは、これらのイクイリブリアムを生きている宝石箱、魂の鏡と呼び、私たちが自分自身を認識し、必要とするエネルギーを取り入れ、バランスを回復することを助けてくれるものだと語っています。

110本以上の美しいさまざまな色のイクイリブリアムボトルから4本を選ぶことで、自分の人生の目的、使命、人生のテーマと潜在的な可能性や才能、これから歩むべき方向性が明らかになってきます。

その選択と使用のプロセスは、自分で選び、自分にとって必要な色を自分で身体につけていくことで自分をケアーするシステムですので、「無理強いしない、自分で選ぶ、魂のセラピー」と呼ばれています。

オーラソーマは意識の鍵であり、オーラを活性化し、魂をケアーするものとしてデザインされています。

イクイリブリアムボトルは、110本以上のボトルから4本を選んで行うコンサルテーションの他、マッサージ治療師、レイキ治療師、薬草医などのホーリスティックな健康専門医によっても認められ、使用されています。


イクイリブリアムの使い方

イクイリブリアムを使うにはボトルを強く振って上層と下層をひとつになるまで混ぜる必要があります。

たとえボトルに含まれているハーブやエッセンシャルオイル、薬草などの内容物やクリスタルエネルギーの働きを知識としては知らなくても、イクイリブリアム ボトルの全ボトルの中から自分の好みの色を選ぶだけで、私たちは自分の存在の必要を認識することができます。

次のステップは、ただそのオイルを使うことだけです。

キャップを取って、左手でにボトルを持ちます。

持ち方は、中指で開いているボトルの口を押さえ、親指でボトルを下から支え、人差し指と薬指でボトルの両肩を押さえます。

それからボトルを激しく振って、ボトル全体を乳液状態にします。そしてこの乳液を手の中に振り落とし、 それを直接肌に塗り込むと、そこでオイルとエキスが吸収されて、必要なところに運ばれます。

イクイリブリアムは、選んだボトルの上層部分か下層部分の色と関係する、チャクラに対応する体の部分に用いることができます。とはいっても、直感の導くままに、そのオイルを身体の別な部分に適用しても構いません。

「偉大なガイド」はあなたの内側にいます。

どう用いるかの責任はあなたにあります。自分自身のケアーについて自分自身で責任を持つということが、オーラソーマの原則であり、他の療法と異なるところでもあります。オーラソーマは自分で選び、自分でそれを使うことによって、自分自身の魂と精神、心と健康に責任をもつのです。

身体に塗るときに重要なことは、振って混ぜた乳液を塗るのは身体の前面とか背面だけではなく、身体のその部位全体に帯状にぐるりと使うことです。


イクイリブリアムのサイズ

●50ml ボトル