TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第837号 鮎沢さん(78)「季節の色54」:窃黄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.巻頭エッセイ:
      鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.54
                    ≪【窃黄】せっこう≫ (2018,6/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ梅雨入り間近になりました。

今日はしっとりとした雨です。

イギリスからのオーラソーマの入荷の日に、雨が降るのは困りものです。

そんな日本の季節の色のテーマが麦秋。

そして、その色は「窃黄」

周りに自然を見かけなくなった都会。

日本の色を想像することで、その季節が感じられる、楽しみな時間です。

麦秋の「窃黄」を見かけた方、写真で撮って送ってください。

それでは、鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色 Vol.54
≪【窃黄】せっこう≫を、どうぞお読みください。

それでは、今日もすてきな一日を!
Have a nice day.

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


この初夏の時期、田園地帯で畑一面に黄色い穂が実っているのを
見かけます。

植物や農作物に関心が薄かったころ、秋でもないのになにが実るの
だろう・・・と私は不思議に思ったりしました。

やがてそれが、麦の穂であることを知ります。

淡い黄色の絨毯に埋めつくされた麦畑の様子を、麦の実りの意味を
こめて「麦秋」(ばくしゅう)と呼びます。

「秋」の文字が入っていますが、俳句では「夏」の季語です。

日本の暦で季節を表す「七十二候」に「麦秋至る」という候が
あります。

七十二候とは1年を72に区分したもので、それぞれに季節感を
表現する短い言葉がつけられています。

1年を24等分した「二十四節気」をさらに3つ(初候・次候・
末候)に分けたもので、より具体的に季節の移り変わりを表して
いるのです。

「麦秋至る」の期間は、だいたい5月31日〜6月4日ごろ。

この時期、梅雨入り直前の晴れの日に麦を収穫し、次の作物を
育てる準備をします。

麦のあとに米を栽培する「二毛作」が行われることがあるのです。

この二毛作は、すでに鎌倉時代からあったそうです。

田畑を効率よく使う智恵ですね。

「麦秋」を今月のテーマにすることは決めていたのですが、これを
表す日本の色とはなんだろう? といろいろ調べてみました。

日本の秋の実りである稲穂の色を表現するとしたら「黄金色」です。

これは秋の陽射しが少しオレンジ色にシフトするせいもありますが、
やはりお米が実った色は心理的にも見える色でも黄金色の「ゴールド」
がふさわしいです。

では、麦はどうなのか・・・で、こんな色を見つけました。

「窃黄」・・・せっこうと読みます。

「窃」の文字は「ひそか」という意味です。

「窃窃」はひそひそ、「窃盗」はこっそり盗むことを意味します。

もっと情緒ある言葉なら「窃慕」でひそかに思い慕うこと。

「窃黄」はくすんだ淡い黄色で、まさにひそかな黄色。

稲穂のつやつやと輝く黄金色に比べて控えめな黄色で、この色名が
イメージに近い気がしました。

最後にこんな話題も。

独自な映像表現で世界的にも高く評価されている、映画監督の
小津安二郎。

小津監督による「麦秋」という映画があります。

戦後6年しか経っていない1951年の作品です。

私はまだ観ていないのですが、あらすじを読むと、豊かに実った
麦畑のシーンが印象的に使われているようです。

この時代ですから当然映画はモノクロ作品なのですが、もしかしたら
麦畑のシーンが「窃黄」色に感じられるかもしれない、なんて思います。


(※こちらで画像とともに掲載をしています。
 https://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12380979588.html


       ………○…………○…………○………


鮎沢玲子(あゆさわ れいこ) プロフィール

有限会社「カラーズガーデン」代表。
英国オーラソーマ社公認ティーチャー。
栃木県宇都宮市生まれ 生家は染物屋を営む。
中学校美術教師を経て、インテリアコーディネータとして14年間
住宅メーカーに勤務。
2002年よりオーラソーマ・プラクティショナーとして独立開業。
2006年より公認ティーチャーとして活動中。
http://ameblo.jp/aurasoma-c-garden/


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024