TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

巻頭エッセイ


第438号 【パリさん】:カラーローズ―誰の表現か?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.【ぱりさんのオーラソーマ】:誰が表現しているのか? (2012,11/21)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のぱりさんのオーラソーマ、長いようなので(今週に限りませ
んが)、ちょっと要点を書いておきますね。

今回は、「人間は何を基準にして生きているの? (?_?)」

という深遠なる質問に、カラーローズで考えようというのだから大
それたことですよね。

つまり、そういう質問をオーラソーマで考えるってことですから。

でも、オーラソーマのよいところは、考えなくても、そのボトルを
実際に使っていけば、エネルギー的に解消してくれたり、理解を深
めてくれたり、メッセージとしてやってくる、というようなことが
右脳レベルで起こるということです。

だから、左脳の頭で考える男性にはなかなか理解されないけれども、
感性の鋭い女性に受け入れられるのは、そういうところに原因があ

のかもしれません。

でも、頭で考えることが好きな人でも、カラーローズからさまざま
な洞察を得ることができるので、オーラソーマには右脳から左脳ま
でのさまざまなツールがあって楽しめますね。

それはともかく、人間は何を基準に生きているのかというと、ぱり
さん曰く、

「これがわれわれ人間が生きている主観的“人間心理の世界”です」

というわけで、私たちは「主観的人間心理」のなかで、苦しんだり、
泣いたり笑ったりして生きているといいます。

でも、ぱりさんは、さらに、次のように言っています。

前回、「カラーローズ」のなかには“自分”もいれば“他人”もい
て、両方がそこに“対象物”として存在していると言いました。

「カラーローズ」のなかには“自分”も現象世界のなかのひとつの
“出来事”としてそこにいるわけですよね。

つまり、カラーローズは人間心理の曼荼羅だけではなく、対象物の
現象社会もそこにあるのだといいます。

そこで思いだしてもらいたいのは、オーラソーマは「意識の鍵」だ
ということです。

主観的人間心理の曼荼羅も、客観世界の現象世界の曼荼羅も、すべ
てがその意識のなかで気づいていられるということですね。

それが意識の地図として見た場合のカラーローズです。

人生の曼荼羅に気づく意識の鍵が、このカラーローズを使って読み
解くことができるというのです。

それでは、【ぱりさんのオーラソーマ】:誰が表現しているのか?
をお楽しみください。

                           尚 記


       ………○…………○…………○………


ときどき、幕あいに顔を出す、「オーラソーマ」をちょっと部外者
的な立場から眺めてみる【ぱりさん】シリーズです。^^;

オーラソーマのカラーローズを“全人間心理のカラーインデックス”
に見立てて、その内部的なダイナミクスを連想して楽しんでいます。

ちょっと理屈っぽいですが、常識だけでお付き合いいただければ、
案外、面白がっていただけるかもしれません。

前回「カラーローズ」はオーラソーマがゲーテの色彩論を再発見・
再構築したオーラソーマ流の「曼荼羅」だという話をしました。

「マンダラ」というのは、その観点から見た“世界像”“全体像”
のことでしたね。

その観点から見ると、全体はこのように見える、このようにまとめ
られる、という最大限に圧縮されたイメージのことだと思います。

ところで、「カラーローズ」は何の「曼荼羅」でしたっけ?

もちろん、色彩の「曼荼羅」なんですが、でもそんなことを言った
ら、曼荼羅はすべて色彩で表現されていますものね。(^^;)
http://tinyurl.com/d4xdvn9

ええ、「カラーローズ」は色彩で表現した“人間心理”の曼荼羅で
した。

そしてこのシリーズでは、「カラーローズ」は内部に要素間の動的
力学を内蔵した“人間心理”の曼荼羅、と見立てたのでした。

ご承知のように、われわれ人間が生きている世界は客観的な対象物
によって構築されているわけではありません。

つまり、われわれは“客観的な世界”を対象にして、それを基準に
生きているわけではないのです。

もしそうだったら、人間とほかの動物との違いは、単なる動物種の
違いにすぎなかったでしょう。

もし“客観的世界”を「自然」と呼ぶことにすれば、人間は自然の
なかで食料を得て満腹すれば、それで満足したことでしょう。

それじゃ進歩がないじゃない (@_@)、なんて思われるかもしれませ
んが、それは単なる“人間病”の一症状にすぎません。(^_-)

他の動物たちはそんな“進歩”なんて、気にしていません。

本能に導かれるまま、食料を得、食べたら寝て、季節が来たら繁殖
し、子を育て、寿命が来たら生を終える、それだけのことです。

もし人間がそんな“客観的世界(自然)”を基準にし、その一風景
として生きていたら、こんな人間世界は生まれなかったでしょう。

人間はそういう客観的なものを基準にして生きてはいないのです。

え、じゃ、人間は何を基準にして生きているの? (?_?)

あなたは、どう思われますか?

人間って人生の大部分を、“自分”のなかに浮上してくる“思い”
に対応して生きているんじゃないでしょうか。

湧いてくるその“思い”に焦点を当てて、喜んだり、悲しんだり、
舞い上がったり、落ち込んだりしているんです。

その“思い”は、大きく分けるなら、過去の出来事の「記憶」か、
その類推から生じる未来の出来事の「想像」です。

われわれ人間は、絶えずこの「記憶」と「想像」にエネルギーを吹
き込んで、それを実体化させながら人生を送っているんです。

人間が生きているのは“客観的世界(自然)”ではなく、主観的な
“人間心理の世界”だと言ったのはその意味でした。

もしわれわれが“客観的世界(自然)”を基準に生きているのなら、
そこで満足するのは、ある意味でとても簡単なことです。

とりあえず食料を得て、満腹したら、もうそれだけで満足できるじ
ゃないですか。

あとはただ、眠ればいいだけです。(^_-)

ところがわれわれは、そういうわけにはいかない。

何よりもまず、未来のことを心配しなくてはならない。

今日のところはまず食べられたけれど、明日も食べられるとはかぎ
らないわけです。

またもし一応明日も食べられそうだったら、今度はもっと上を目指
して成長していかなければならないわけです。

なんやかんや、いろいろ大変なんですよね。(^_-)

イエスは山上の垂訓で、こうおっしゃったのだそうですが……。

------------------------------------------------------------
空の鳥を見よ、播かず、刈らず、倉に収めず、然るに汝らの天の
父は、これを養いたまふ。
汝らは之よりも遙かに優るる者ならずや。
汝らの中(うち)たれか思ひ煩ひて身の長(たけ)一尺を加へ得
んや。
                  『聖書』マタイ伝第6章26節
------------------------------------------------------------

うーむ。(-_-;)

でもそんなこと言われたって、こんなに豊かな社会でさえ、失業者
もいればホームレスだっているじゃないですか。(@_@)

われわれは「空の鳥」じゃない、この世界で生き残っていかなけれ
ばならないんです。(-_-)

これが人間の観点であり、われわれが生きている世界です。

これがわれわれ人間が生きている主観的“人間心理の世界”です。

で、われわれとしては、もちろんこの世界で、満足できる道、幸福
になれる方途を探るのですが……、これが意外とむずかしい。

というか、じつは、これは不可能らしいのです。(>_<)

なぜなら、人間が生きている主観的“人間心理の世界”は“想念”
で構成されており、そこで落ち着くことはできないらしいのです。

インドのマスターOshoは『信心銘』という本のなかでこんなふうに
言っています。

------------------------------------------------------------
あらゆるものはあるべきようにある。
ただあなたがその中に落ち着かなければならないだけだ。
ただあなただけが落ち着いていない。
すべてはあるべき姿にある。
何ひとつ欠けてもいなければ、余計なものもない。
                        『信心名』(p68)
------------------------------------------------------------

> あらゆるものはあるべきようにある。

ホントですか? (?_?)

> すべてはあるべき姿にある。
> 何ひとつ欠けてもいなければ、余計なものもない。

ちょっと信じられないけど。(@_@)

> ただあなたがその中に落ち着かなければならないだけだ。
> ただあなただけが落ち着いていない。

うーむ。(-_-;)

いったい、どういうことなんだろう? (?_?)

こういう覚者がたは、何を言っているんでしょうね?

で、よくよくこういう覚者がたのおっしゃることを聴いてみると、
どうもこういうことらしいんです。

さっき、上でこう書きました。

> もしわれわれが“客観的世界(自然)”を基準に生きているのな
> ら、そこで満足するのは、ある意味でとても簡単なことです。
>
> とりあえず食料を得て、満腹したら、もうそれだけで満足できる
> じゃないですか。
>
> あとはただ、眠ればいいだけです。(^_-)
>
> ところがわれわれは、そういうわけにはいかない。
>
> 何よりもまず、未来のことを心配しなくてはならない。

と。

これは、われわれ人間からすれば当然の考え方ですが、どうもこの
“考え”は安心したり、落ち着いたりできる代物ではないらしい。

なぜか?

なぜなら、“考える”ということは“問題を想像する”ことであり、
それは取りも直さず“問題を創造する”ことだからです。

“考える”というのは、ある可能性と別の可能性を比較して、こち
らのほうが良さそうだと選択することですよね。

つまり、“考える”ということは、対象を何かと何かに分けて、そ
のなかで比較したり、迷ったり、選んだりすることです。

これでは、われわれが主観的“人間心理の世界”で、落ち着くこと
などありえないわけです。

だって“人間心理の世界”で生きるということは、現実を分けて、
比べて、迷って、選択する、ということなんですから。

この作業のなかで、落ち着くことができないのは自明です。

さっきOshoが、

> あらゆるものはあるべきようにある。
> ただあなたがその中に落ち着かなければならないだけだ。
> ただあなただけが落ち着いていない。

と言っていたこの「あなた」とは、“考える”ことを意味している
のだと思います。

どうやら、すべてが落ち着いている世界のなかで、この“考える”
ということだけは、落ち着くことができないものらしい。

でも、考えるなって言われたって (@_@)、と思いますよね。

われわれ人間は考えることによって人間になったのだし、こうして
文明も築いたのだから、と。

さて、そこで問題です。

われわれが“考える”というとき、そこで考えているのは“誰”な
んでしょうね?

変なことを言う、と言われそうですが (^^;)、これがなかなか微妙
なのです。

前回、「カラーローズ」のなかには“自分”もいれば“他人”もい
て、両方がそこに“対象物”として存在していると言いました。

「カラーローズ」のなかには“自分”も現象世界のなかのひとつの
“出来事”としてそこにいるわけですよね。

その“出来事”が考えているのでしょうか? (?_?)

「カラーローズ」のなかのひとつの位置は、ある“人間心理”の特
徴、ある“人格特性”を表す位置だとこのシリーズでは考えました。

それは自分はこうありたい、こんな表現をしてみたいと、何らかの
ギフトを願った位置だと、考えたわけです。

それは言葉を換えれば、何らかの意図を負った、欲望を抱えた位置
とも言えるかもしれません。

ただ無条件に、全知、全能では、表現にはなりません。

表現するためには何らかの定義を、制限を担う必要があるのです。

それは何らかの“条件”を担った位置とも言えるでしょう。

つまり、人格的な言葉では、それは「DNA」や「条件づけ」にも
当たるものでしょう。

「カラーローズ」のなかのすべての位置は、そのような制限を担っ
た位置なのです。

さて、われわれ人間が“考える”とは、その“条件づけ”が考える
ことだとも言えます。

誰がどういう状況で、どのように判断するかは、いわば運命によっ
て定められているとも言えるでしょう。

でも、われわれはそれを“自分”が考えているのだと思う。

そのことを「聖なる催眠」とおっしゃった覚者もいるようです。

うーむ。(-_-;)

われわれが考えるとき、いったい誰が考えているんでしょうね?

われわれが表現するとは、いったい誰が表現することなんでしょう?

現象世界のなかに“自分”という分離した実体があると想像した何
かが、その立場からすべての出来事を判断するのでしょうか。

その想像のなかに、本当のパワーはあるのでしょうか?

わからないことばかりですね。(-_-)

「カラーローズ」を見ていると、いろんな連想が出てきますね。

「カラーローズ」って、本当に素晴らしいです。(^^)/

次に機会があったら、また「カラーローズ」を別の視点から眺めて、
勝手な連想を楽しませていただくかもしれません。

いつもお断りしているとおり、これは「オーラソーマ」で認定され
た見解ではありません。

「オーラソーマ」がゲーテの色彩論から引き継いだ「カラーローズ」
という素晴らしいツールに触発された、まったく自由な立場からの
連想です。

お付き合いいただき、ありがとうございました。<(_ _)>

                          pari 記


       ………○…………○…………○………

トップへ

  • 巻頭エッセイ INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜KSビル Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024