TOP
オーラソーマ4本ボトル・ミニリーディング(無料)

パビットラさんの「フラワーエッセンス」


第8回 レッドについて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 6.パビットラさんの「フラワーエッセンス」セミナー(8回目)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎月一度、ハートサポートシステムのパビットラさんに「フラワーエッセンス」
を連載していただいています。

第145週号(2007/4/11)で、フラワーエッセンス 第7回をご紹介しまし
たので、今回は、7回目の掲載となります。

では、パビットラさん、よろしくお願いします。m(_ _)m

         …………○…………○…………○…………

こんにちは、パビットラです。

このゴールデンウィークは、どのように過ごされましたか。
ころころと変わりやすい春の時期を超えて、これからは、緑輝く夏。 春の雨
の恵みをもらった草木達が、夏の光の元、更なる生長に向かって伸びあがりま
す。

前回は、花のエネルギーであるフラワーエッセンスが、私達にどう働きかけて
くれるかを感じ取り、認識していく上での在り方、役立つ事柄について、書か
せて頂きました。


今回から、オーラソーマのポマンダーの色から、虹の7色を中心に、対応する
フラワーエッセンスをご紹介していきます。

扱うフラワーエッセンスは、日本の霊峰富士とその周辺に咲く花達のエネルギ
ーから生成された「マウントフジフラワーエッセンス」を中心に、その時々で
ご紹介していきたいと思っています。

実際は、この連載のお話を頂いた時からこのアイデアを出していたのですが、
フラワーエッセンスの基本的な情報をお伝えするのに、随分と回数を経てしま
いました。


まず、第一回目は、レッド、赤です。

レッドが持つ意味についても少し触れますが、オーラソーマが大好きな読者の
方々の多くは、既にご存知な内容かもしれませんね。


【エネルギーと熱意のレッド】

可視光線の中で最も波長が長いレッドは、大地の色、肉体の色です。この色は、
私達を肉体とつなげ、この現実世界に、しっかりと錨をおろさせてくれます。

三次元世界、現実世界でたくましく生き延びていくには、生きる事への熱意や
情熱が必要です。実際的で現実的な対応、自他を活かす健全な野心、能力や才
能を伸ばす術、現実世界での成功や勝利といった、物質界での創造や表現や活
動、これらを喚起してくれるのが、レッドの振動。そして、それらをしていく
上での器となる肉体もまた、レッドのエネルギーが関係しているのです。

例えば、芸術等の創造的活動をしている人、リーダーシップのある人、大きく
改革していく人、これらの人々は、レッドの恩恵を受けています。家族愛や愛
国心、そして、革命や改革といった集合的な創造にも、レッドが関わっていま
す。

レッドのエネルギーは、それを創造的に流し、表現していく事が大切です。と
てつもないレッドのエネルギーの流れを留めてしまうと、いつかそれが暴走し、
暴力的で傲慢な形での表現となってしまうかもしれません。

また、レッドのエネルギーが不足していると、地球にグラウンディングし、し
っかりと肉体にいる事が困難となります。物質世界から逃避しがちになり、他
者から傷つけられたとか、無視されたといった気持を持ちやすくなります。五
感が低下し、肉体的にも気力的にも、様々な活動が難しくなります。この世界
で自分の才能を自他の為に活かし、豊かさや成功を受け取る事から、遠のいて
いくのです。

そんな状態の時、レッドのエネルギーが役立ってくれるでしょう。


【レッドの特質に役立つマウントフジフラワーエッセンスの例】

今回は、マウントフジフラワーエッセンスから、レッドの特質を持っているフ
ラワーエッセンスを、いくつかご紹介しましょう。
●クサボケ
●ワレモコウ
●マツヤニ
http://www.floweressence.co.jp/Essence/MF_Essense1.html

●クサボケ
このフラワーエッセンスのキーワードは、《生の肯定》
着物に使われているようなこの花の朱赤色は、古い時代の日本とつながってい
る色です。
クサボケは、働く事の喜びとつなげてくれるフラワーエッセンス。

また、簡素でシンプルである事、身体とこころが寄り添っている幸せを刺激し
てもくれます。

現実的で実際的な生活の活動をしていく中で、仕事や家事等の労働に意欲のわ
かない時、楽しめない時には、クサボケの喜びのエネルギーをもらいましょう。
労働と喜びに橋を架けてくれます。

簡素さとつなげてくれるクサボケは、例えば、衝動買いや買い物依存、コレク
ター癖のある人にも有効です。なれないものになろうとして苦しんでいる人に
も。素のままの自分、現実生活を受け入れる事、内側の満足とつなげてくれる
でしょう。

また、物事を複雑で困難にする哲学者さんにも役立ちます。意味や答を考える
事は脇に置き、ただ、生そのものを楽しむ事。世界が神秘に満ち、体験には答
がない事にくつろがせてくれるでしょう。

クサボケは、お腹が空いた時に食べ、用を足したくなったらトイレに行くとい
った事が自然に流れている瞬間の、何となく幸せな感覚、あたりまえのものと
して慣れ親しんでいる日々の幸せの尊さに、意識を向けさせてくれます。


●ワレモコウ
キーワードは、《ワイルドチャイルド》。
チベットのお坊さんの僧衣と同じこの花の赤、マルーン色は、霊性と物質世界
が出会い、高みへと導いてくれる命の色です。

基本的な生と向き合う事をサポートしてくれるワレモコウは、古い感情の傷を
解放し、変容していく為のフラワーエッセンスです。お母さんのお腹にいる頃
や幼少期に体験した生の基本的な問題、サバイバルに関するトラウマの解放に
役立ちます。

保護してもらい、安全であるはずの人や場所が痛みに満ちたものであった時、
小さく純粋な魂は、自らが根付くこの世界を信じられるでしょうか。彼等は、
自らの力で愛や幸せを勝ち取っていくという、大いなる潜在性を携えてきた魂
です。彼等の潜在性、可能性を、ワレモコウは刺激します。

元々宇宙とひとつだった私達は、魂の深い部分では、誰に頼る事なく、何の経
験による事なく、たった独りぼっちで、既に完璧な愛を知っています。そこへ
と結び付けてくれるのが、ワレモコウの役割です。


●マツヤニ
キーワードは、《豊かさ》。
松の樹脂のエネルギーから作られているマツヤニは、大地の至福、地上の豊か
さを与えてくれるエッセンスです。

マツヤニには、否定的なエネルギー、邪悪な力を取り除いてくれる働きがあり
ます。また、天の神聖なエネルギーを、日常とは離れた神秘的な場を通して、
大地に降ろす働きがあります。ヒーリングの時、儀式の時等に使用するといい
でしょう。

豊かさと関わるマツヤニは、物質的な豊かさとスピリチュアルな道を対極のも
のとして分断しがちな人にもいいでしょう。お金もモノも、元々は中立なもの。
そこにそれぞれの人がどんな固有の色合いを付けるかで、固有の性質が付加さ
れていくのですから。

内側にとらわれのない自由さを養ってくれるマツヤニは、霊性に根ざしたビジ
ネスを目指す人、ビジネスを始める時にも役立つでしょう。


〔レッドの特質に役立つマウントフジフラワーエッセンスの使用例〕
飲む以外に、オーラ用スプレーとしても使用出来ます。

100円ショップ等で売っているスプレーボトル等でOKです。ミネラルウォ
ーターを入れて、そこに、使いたいマウントフジフラワーエッセンスを、スト
ックボトルから7滴入れます。

下半身を中心に、オーラフィールド全体にスプレーして下さい。深い呼吸をし
ながら、フラワーエッセンスのエネルギーが、呼吸と共に、身体の内外に広が
っていくとイメージするといいでしょう。

お部屋等、空間用スプレーとしても使えます。

衛生上、涼暗所で保管し、1〜3日で使いきって下さい。

また、スプレーボトルは、入れたフラワーエッセンスの波動を帯びてきます。
同じ溶液のスプレー専用として、お使い下さいね。

お好みで、ポマンダーのレッドを、そこに数滴たらすのもいいでしょう。

フラワーエッセンスのブランドによっては、香との混合で波動が低下するもの
もありますが、マウントフジフラワーエッセンスの場合は、併用可能です。相
乗的に働いてくれるでしょう。

(つづく)

では、また6月に、お目にかかりましょう。
夏へのエネルギーのサポートで、それぞれの人の可能性が、この地上で拡大し
ていきますように!


フラワーエッセンスの詳細については、弊社ホームページ
http://www.floweressence.co.jp/
をご覧頂くのもいいでしょう。

使用法については、読者の方々のご質問にお答えする形式にて、下記にも役立
つ情報が掲載されています。
http://www.floweressence.co.jp/Essence/EssenceQATop.html

無料の小冊子を配布しておりますので、宜しければご請求下さい。
http://www.floweressence.co.jp/HSS/Shosasshi.html

日本フラワーエッセンス協会
ハートサポートシステム有限会社
パビットラ 記


トップへ

  • パビットラさんの「フラワーエッセンス」 INDEX
■オーラソーマのOAU(和尚アートユニティ)関連サイト一覧
Osho Art Unity
株式会社和尚アートユニティ 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-3-21 Tel: 0467-23-5683 Fax: 0467-60-1024